申込み前に確認!クレジットカードの審査基準とは?

勤め先と年収など収入についての情報が大切

クレジットカードの審査でどういうところを見られているかというと、カードを利用したお金の支払いをする能力があるかどうかが最も重要となります。そのため、申込みをした人の年収や勤務先など、どれぐらい安定した収入があるかということが1つの審査基準となるのです。年収は高ければ高いほどよいですし、勤続年数は長いほどよいのは当然といえば当然ですよね。ただ、必ずしも正社員である必要はなく、アルバイトや派遣社員でも審査に通ることは可能です。

過去にローンなどの滞納がないかどうか

さらに、クレジットカード会社は、審査をするときに申し込みをした人の信用情報を照会して、金融商品の利用状況を確認しています。信用情報という言葉は、あまり聞き慣れないですよね。これは、過去のカードローンや携帯電話端末の分割払いなどを返済状況が記録されたもので、もし長期の滞納などをしたことがあればその事実が判明するようになっており、審査に通過するのが難しくなってしまうのです。逆にきちんと支払いをしていたのなら、クレジットカードの審査でも有利になります。

クレジットカードに一度にたくさん申込むのは避けよう

さらにこの信用情報では、現在の他社クレジットカードやローンの利用状況、そして他社サービスの申し込みをした記録、そして審査結果まで情報共有されています。そのため、一度にたくさんのクレジットカードに連続で申し込みをすると、審査で悪い評価をされてしまうことがありますので注意しましょう。もしクレジットカードの審査に落ちてしまったら、すぐ別の会社に申込むのではなく、半年程度期間をあけてから再度申し込みをするのがおすすめです。

クレジットカードの審査は、ご本人が発行を行っているかの確認に加え、年収や過去の支払いやローン返済状況を見られます。また、「在籍確認」といい、職場に「〇〇さんいますか?」という電話がくる場合もあります。